opehajah のすべての投稿

FXでは1日どれ位の損失が発生し得るか

“FXは、リスクはあります。ノーリスクの商品ではありません。

例えばある時の外貨の価格が、37円だったとします。
その時に買いの注文を行っているのであれば、もちろん外貨の価格が上昇すれば利益になりますね。

しかし外貨の価格は、必ずしも上昇をするとは限らないものです。
35円や34円などに下落してしまうのは、決して珍しい事ではありません。
というよりも頻繁にそれが起きます。ですのでその差し引き分の損失が発生する可能性を秘めている訳ですね。
口座を作る段階の審査では、それを理解しているかどうかが見られます。

では具体的には何円程度動けばどれ位の損失になるかというと、枚数次第になります。
例えば37円の段階で、外貨を1万枚注文していたとします。
もちろんその時の外貨の金額は、37万円になりますね。
それが35円などに下がれば35万円になりますので、差し引き2円分の損失が発生します。

ちなみに1日で2円くらい下がるのは、この金融商品ではよくあります。
時に1日や3円ほど下がることもあるので、1日に3万円ほどの損失が発生する可能性を秘めている訳ですね。

そして枚数が増えれば、その損失額も増えていきます。
上記は1万枚での例ですが、10万枚であれば20万や30万円などの損失になります。
つまり枚数が多ければ、1日に20万円や30万円ほどの損失が発生する可能性もある訳ですね。
もっと枚数が多ければ、さらに損失額も多くなっていきます。

インターネットでFXの情報サイトを見てみますと、たまに一晩で数百万円や数千万円の損失が発生したという情報が流れている事があります。
あれは決してオーバーな表現ではなく、大いにあり得るものなのですね。
そしてそれを理解しておく事が、この金融商品では最も大切です。
リスクが無い商品ではありません。無い商品だと思い込んでいると、口座を作る時の審査で落とされてしまいます。
また後になって自分の資産を減らす事にもなりかねないので、怖い一面を知っておくのは必要だと思います。”

ドル円と円ドルは違う、通貨ペアの選び方。

通貨ペアと言うのは非常に大事な要素です。どのペアを選ぶかによって成績も変わってくるので、

慎重に選びたい所です。

豪円にしようか、ココはユーロ円か、それともオーソドックスにドル円か、と言うのは誰でもやっている

選択だと思いますが、ドル円と円ドルは違うモノだと知っていましたか?。全部のペアはどちらが先に

来るかでモノが変わってくるので、知らなかった人は半分の中から選んでいた事になります。

ドル円では、主軸通貨がドルで決済通貨が円になります。日本人なら円でお金を使ったりするので、

これは便利ですよね。ドルで貰っても困ってしまいます。ですが、スワップはドルで貰います。口座に

入る時に円でスワップを貰えるのは、FX会社がドルを円に交換して入れてくれるからです。

ドル円ではなく、円ドルで取引するメリットとしては、若干ですが動きが早いと言うのがあります。

通貨は世界中で同時に動いている訳ではなく、徐々に派生する形で広がって行きます。なので最初と後

で比べると、時間の差はそれなりにあるんですよね。金利差の関係もあって売り有利となります。

とは言え、日本のFX会社ではやらせてくれなかったり、そもそも意味をなさなかったりするので、

かなり玄人的な話になります。システム面の話でもありますし、左右変わるとごちゃごちゃしてしまう

喜来もあります。面倒と言えばかなり面倒なのは確かでしょう。

しかし通貨ペアを選ぶ際に、片方だけしか見ないのでは値段の半分しか見ていない事になりますから

注意かも知れません。チャートを見る時に、ドル円、ユーロ円、だけを見るのではなく、そこにユーロドル

かドルユーロを加え、三角形に。更にその逆の動きを観察する事で、為替の動きを立体的に見る事が

出来ますね。

前から見て、後ろから見て、更に上下からと言ったイメージでしょうか。初心者がいきなりやれなんて

かなり御無体ですが、一つずつ増やしていく事でちゃんと見る事が出来るようになります。やたらと

パソコンだったり画面だったりを増やして取引している人を見たことがあるのでは、と思いますが、

あれはそういう意味もあります。

それだけの数を見るのはしんどいので、かなりプロフェッショナルなやり方なのは確かですね。

ですがそこまで見て、通貨ペアを選ぶのが一番でしょう。大変ですが。

FX取引は損小利大が王道?

FX取引は損小利大が王道と言われています。損を小さく利益を最大限に伸ばさないと勝ち続けることは難しいと言われていますが、私の主婦の友人は損と利益を同じぐらいの割合で取引しています。

彼女は東京時間にユーロドルの取引をしているけど、東京時間はあまり値動きが大きくないので損小利大で取引することは難しいと言っています。

どうしても同じぐらいか損ぎりの方が多くなる取引もありますが、彼女は自信のある時は損大利小でもかまわず、ポジションを持っています。

私の場合は、なるべく損の方が多い場合は見送るようにしているので彼女は勇気があるなと思います。確かに、損小利大で取引していると、利益を欲張ってしまい、あと数pipsで指値に届かず反転して利益が減ってしまった・・またマイナスになって損ぎりしたことも何回もあります。

ですから、利益は欲張らずにある程度自身が満足できる利益でポジションを決済するのもありかなと思います。その主婦の彼女はいつも10~20pips利益が出たら決済しています。

大体10万通貨以上の取引なので1万~2万円ほどの利益になります。1日に2~3回ポジションを持つこともあるので、1日に5万円ほど稼いでいますが、毎回勝てるわけではないので、もう少し少なくなると思います。

また、違う友人は1000通貨単位取引をしています。FX暦は長いのですが、その友人も主婦なので自分のお小遣いの範囲で取引を楽しんでいて、1日に500~1000円ほど稼いでいます。

この友人も利益を欲張らず500円以上の利益が出たら利益確定をして、損小利大にはこだわってないと聞きました。確かに、FXの手法は人それぞれでどの手法が正しいというものはないと思います。

損ぎりせずに取引している方もいますし、確実に1pips狙って利益を出している方もいます。最初は1pipsなんて嘘でしょう!と思いましたが、枚数を増やして1日に1万円稼いでいて、エクセルでエントリーポイントを計算しているようです。

私には出来ませんが、こういった取引もあるんだなと感心しましたよ。

電話で投資アドバイスを聞けるFXの業者

私たちがFXの売買をする際には、誰か専門家から話を聞きたいと思う場合があります。長らく為替相場に関わっている方の意見を参考にすれば、売買に関するヒントを得られる事もあるからです。

専門家の意見を聞く方法は、色々ありますね。例えば業者によっては、セミナーを開催している場合があります。現に私が初めてFXの口座を作った業者でも、よくセミナーを開催していました。業界の著名人の方がセミナーを開催していたのですが、私はよくそれに参加していました。

そうかと思えば、著名な方が書いた書籍を読む方法もあります。いわゆる入門書を探している初心者の方々は、非常に多いと言われています。

ところでFXの業者の多くは、フリーダイヤルを完備していますね。そこに電話をすれば、様々な問い合わせ対応を受ける事ができるのですが。私も画面の操作方法が分からない時には、よくその電話で質問をしています。

ではそのフリーダイヤルに電話をすれば、果たして投資に関するアドバイスを受けることはできるのでしょうか。

基本的には不可能です。というのも業者のオペレーターの方は、あくまでもFXのシステムの操作方法などに関する質問を受け付けているからです。アドバイスなどは行いません。

であれば専門家の話を聞く為にはセミナーしか方法が無いかというと、そうとは限りません。というのも業者によっては、たまにコンサルティングのサービスを提供している場合があります。現にある業者の場合は、そのコンサルティングサービスを提供していますね。電話で投資に関するアドバイスを受ける事ができるという、かなり珍しい業者です。

ただしその業者の場合は、コンサルティングの料金は有料です。無料ではありませんね。

またFXの業者によっては、いわゆるアドバイザーの方が在籍している事があります。その方からアドバイスを聞ける訳ですが、その際にはやはり料金を支払う必要があります。

つまり業者によってはアドバイスを受ける事は可能ですが、料金が有料になる事が多い訳ですね。ただ業者独自の話を聞ける可能性もありますので、それを利用してみるのも1つの方法でしょう。