明確な円安終了を確認するまではFXで素直にトレンドに乗る

ここ数年くらいの相場は方向がほぼ変わらず一直線だから簡単といえば簡単なのですが、このわかり易すぎてはっきりとしたトレンドは逆に入りづらく、意を決してドル円を買うほうに重きを置いてFXをしたらだんだん利益の乗るトレードができるようになってきました。

私はどちらかというとトレンドフォローを得意だからこういう流れは大歓迎なものの、高値を更新するたびにもしかしたらここが天井であとは下がっていくだけかもしれないという推測が頭をよぎってしまうのです。

だから高値を更新した後の戻りから押し目買いしていたこともあって、結果的には飛び乗るよりも低い価格でロングポジションを持つことができていたけれど、同時に手仕舞いも早くなってしまい思うようには稼げないままでした。

そんなときなんとなく普段見ない日足と週足をチェックした瞬間に考えが変わってしまい、その後は最初に書いたようにトレンドに素直に乗って安定した利益を叩き出しています。

何故ローソク足の長い期間を見ただけでそんな風になってしまったのかというと、最近の相場に比べて円安期間のほうが長かったからで、しかも今の価格よりもかなり高い位置から下がっているのです。

全体を見たら一目瞭然なのですが、円安の今でもとても天井とは言えない位置のように思えてしまうから、天井なんてないのだという考えの転換がおきてそれからは悩まずにトレンドフォローができています。

おかげでFXで得た利益が毎月計算するたびに自己記録を更新しているので、負けを取り返そうと憂鬱な気持ちで取引をしていたころが嘘のように明るい気分で画面を見ることができました。

私にとって最大の課題だった損切りも、余裕のある資金になったことも影響しているのか次があるという楽観的な気持ちでサクッと損切りができるようになったのです。

トレンドは必ず終わるものなのでいつかはこの取引方法も通用しなくなるかもしれませんが、もしトレンドの終息で損失を出したとしてもそれまでたくさん利益があれば問題ないでしょうし、まだトレンド転換のことは考えずにこの流れに身を任せようと思います。

そんな私が最近はまっているのが、海外FX業者です。

海外FX業者は無数にありますが、上記のサイトは優良な海外FX業者だけを取り扱っているので、嬉しいです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>